念仏が盛んなりし頃の往生院のことが紹介されています季刊誌「大阪春秋」166号- 夕陽のまち おおさか -



日想観法要を復興されました四天王寺さん、一心寺さんに触発されまして、当寺院でも日想観法要の再興を模索して参りたいと考えております。

四天王寺執事・南谷恵敬先生によります法要式次第は、誠に有り難く参考になります。









また、平安時代後期の「拾遺往生伝」(三善為康公著)によれば、開基の川瀬吉松公が、告夢と共に訪れた安助上人の指示により立てたお堂が往生院の創建となり、念仏行としては、「五念門 禮拝、讃歎、作願、観察、回向」が修されていたと記されています。五念門は世親大師の「浄土論」が所以。浄土宗では、声明により唱えられるようですが、実際の内容は全くわからず…

そこで、実際に復興し、五念門を修すならば、浄土宗の方にご指導を頂く必要性も感じております。幸いにもhasunoha、未来の住職塾におきましては、浄土宗の法友の方がいらっしゃいますので、またお世話になりたいとは考えております。先んじてもし興味のある方がございましたら、ご一報を頂けましたら有り難いことでございます。

ちなみに、チベットの浄土教についてもこの際に学んでおこうと思いまして、全訳「極楽誓願註」(中沢中師訳)を拝読することにしました。



また、ツォンカパ大師の浄土思想についても学べる資料を吉村均先生に教えて頂きました。

ツォンカパ大師造「最上国開門」
http://acad.jodo.or.jp/bukkyobunka/pdf/bukkyobunka_027.pdf#page=143

ツォンカパ大師「最上国開門」


往生の因(念仏・善根功徳・菩提心・廻向発願)、極楽の様相、阿弥陀如来様への讃嘆を示すと共に、往生への強い欣求への誘い、阿弥陀如来様の本願力によりて速やかに修行が進むようにとの祈願、自分自身も阿弥陀如来様と同様な仏位に至りて一切衆生を救えるようになれますようにとの祈願、と構成されています。

ツォンカパ大師の十八番である中観思想における空や二諦については、全く出てこないため、仏典に従って、自説をほとんど交えない解釈と捉えることができるのではないだろうかと存じます。

ただ、自ら自身も阿弥陀如来様と同様の本願力を有する仏位となりますようにという祈願は、ツォンカパ大師のオリジナリティであり、大きな特徴と言えるのではないかと思います。ここの誓願の一つとして、自分がいずれ仏となった際における自分への称名念仏について述べられているのも誠に興味深いところであります。

また、陀羅尼についてもほんの少し記述があることから、密教も少しは意識されているところがあるとも言えなくはないですね。

色々な気づきがございます。

以下は、拾遺往生伝の往生院についての記述箇所になります。

拾遺往生伝巻上・第一九六巻・・

「安助上人者、河内國河内郡往生院之本院也、其性潔白涅而不緇、只以轉經爲業、以念佛爲事、同高安郡坂本村有一古老 姓川瀬氏名吉松、本與上人契在師壇矣、長暦年中、檀越吉松夢、有所領苑、苑中有林、林中有室、室中上人變成金色身、即相示日、汝成人之後、不嗔恚哉否、宅中安佛像、焼香不断哉否、毎日唱佛名哉否、壇越答云依實皆尓也、即讃云、善哉々々、汝有此善、又示日、汝於此所可逮道場、答云、教誠、未訖、忽然夢驚、即有叩門者、其音鼕々、先問其人、安助上人也、即開門迎之、展席謝之、爰上人語云、汝所領園林者、當天王寺之東門、定知極樂東門之中心也、加以西天迎晴夕日可觀、翼建一小堂、送我餘算者、壇越以爲、此言與夢合矣、即任約言、建立一堂、上人住之、修五念門禮拝、讃歎、作願、観察、回向是也 及三箇年、又迎月三五、集衆講論、薫修有日、以期來際、干時長久三年八月十五日、壇越齎來米菓、奉獻上人、上人受之、併供佛前、鳴聲白己、依此壇越之助、將遂我往生之望、以此因縁、生々世々、生一佛土、期三菩提况亦命終日、相見此夕也、啓白再三、流涙漣粫、爰壇越不熟此言、問弟子日、上人日來惱有氣哉、将有狂氣哉、答云、更尤殊事云々、壇越奇而去、其明朝門人來告云、上人去中夜、端坐佛前如眠入滅云々、遠近聞者、莫不哀傷、故此寺俗呼日往生院、自尓以降、念佛行者寺中不絶」

・・

齋藤保高先生の檄文抜粋・・

『いま私たちは、仏教を修行できる境遇たる有暇具足を手中にし、それも単に仏教一般のみならず大乗仏教、その中でも密教、さらにその中でも無上瑜伽タントラの有暇具足に恵まれています。そして今回、「一切タントラの王」と位置づけられるグヒヤサマージャの大灌頂に入壇しようとしているのです。これだけ稀有なる素晴らしい条件が揃っているのに、「発菩提心など無理だ」とか「菩薩行などとても出来ない」とか、そんなことを言っていられますか?今やこれらは、出来るか出来ないかの問題ではありません。自分が実践するかしないかという、ただそれだけの問題なのです。』

開催にご随喜申し上げますと共にご成満を心から祈念申し上げます。川口英俊合掌

「灌頂で一番大切なこと」
http://rdor-sems.jp/index.php?ブログ#content_1_0

ポタラ・カレッジさん「2017年春の密教伝授」
https://goo.gl/KN4RMU

・・

「歓喜の地・兜率天に至る階梯」といわれる「三つの真髄の教え」による観想の段階


ポア(ポワ)と言えば、オウム真理教により誤用されてしまって以来、すっかり日本では嫌忌されてしまっている感のある用語となってしまっていますが、ダライ・ラマ法王様によります観音菩薩様許可灌頂の際、直々にもご解説、補足を頂戴致しました「ポア(ポワ)・三つの真髄の教え」のテクストにございますダライ・ラマ2世様の註釈の内容は、誠に素晴らしく、最近は、通例の行の他に、まだ余裕があれば、この観想も大事に努めさせて頂いております。

無上瑜伽タントラの灌頂を頂いてからのこのポア観想は、以前に比べてより意義深くなっていると実感しております。

まだまだポア(ポワ)については、誤解されておられる方も多いかと存じますので、また法王様御来日の際の灌頂においては別資料として配布されること(昨年の文殊菩薩様許可灌頂の際には配布されていたようです)があるようですので、是非、入手についてご検討をなさられて下さいましたらと存じます。

・・

お坊さんネットQ&Aサービス・hasunoha
http://hasunoha.jp/

「hasunoha」拙回答まとめ集
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/

書籍化『hasunoha お坊さんお悩み相談室』発売中!
http://hasunoha.jp/docs/pr_0002

hasunoha書籍化・印税収益の一部・東日本大震災・被災者支援に寄附
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/89551fac04beefe15a197270ba215a78

・・

「大阪春秋」最新166号・春号・特集「夕陽のまち おおさか」紹介・日想観と往生院
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/70160379.html

・・

3/11東日本大震災七回忌 3/9-10未来の住職塾卒業式・フォーラム 3/10ポタラ・カレッジ訪問
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52235550.html

『未来の住職塾』受講を迷っているあなたへ!!!
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/5c578446835d9bc715a4fd053c352e0d

未来の住職塾・本科・第五期・受講感想(2017.1.24)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/4c6afe0858cc7be1a89652de98f15062

・・

「勝義方便メモ No.12」
https://togetter.com/li/1073026

・・

「チッタマニターラ尊成就法の実践における御供えについて」2017.1.16
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52232371.html

「チッタマニターラ尊灌頂後のチベット密教の実修について」2016.12.11
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/33da8a793a1f6a08cd586e55de609e68

ダライ・ラマ法王猊下様、本当に有り難く尊いご灌頂、ご仏縁をありがとうございました。どうか永らくこの世にお留まり賜りまして、輪廻の苦海にあるものたちをお救い下さいますように。深遠なる真実義をお説き示されますように。ご健勝を心から祈念申し上げます。



川口英俊合掌九拜

「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327

「チッタマニターラ尊灌頂におけるダライ・ラマ法王猊下様との問答内容について」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d814a5bc49ee9ffef9a7f8cf8cf73516

11/11-13「ダライ・ラマ法王猊下様・チッタマニターラ尊灌頂ご報告」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3101a23d05b1d35a25b1014052e6a728

ダライ・ラマ法王猊下様御来日/拙予習経過まとめ(2016.11.9)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/792738f8de7c80c7d85ef6d7d1a2ac74

ダライ・ラマ法王14世日本公式サイト | 法王庁
http://www.dalailamajapanese.com/

公式フェイスブック
https://www.facebook.com/dalailamajapanese/

ダライ・ラマ法王猊下様御加持成就の「金剛杵と金剛鈴」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52211094.html

2015.4.17「ダライ・ラマ法王猊下様のこと・・」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52189915.html

2015.4.13「ダライ・ラマ法王14世来日法話 般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」ご報告
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3ac42f140aef2fb85956f1fcd45e1b13

2014.4.14 ダライ・ラマ法王猊下様によるチベット密教・胎蔵曼荼羅灌頂・ご報告
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/bc5c08f69d78bdda5c6cca62d17d87df

2013.11.19「空と縁起」に関する拙質問に対してのダライ・ラマ法王猊下様の御回答内容について
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/710b99c74854aebc871a6f75e28dde12

・・

チベット仏教を学ぶ会「寺子屋スーパーサンガ」
http://www.supersamgha.jp/info/568/

・・

『般若心経における「空」について』 平成28年8月・お盆施餓鬼法要配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/93cd51b49c2264eb00fcc00a904a3392

「Amazonお坊さん便」の抱える問題について/平成28年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d339cd6c14be7db57860f241caf4984d

「仏教と戦争 ~ 戦後70年と仏教 ~」平成27年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/c479dc1d59328df2708ba23499b4d92b

「仏教の基本的な理解のために」平成27年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/55ced9a1512c6ef6e095caa4fbe9eb8c

「死後について」平成26年9月・秋彼岸墓前回向・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/46df9bb57071ef4f2b56161423dba66f

「お葬式について」平成26年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0816eb5e788bf5ecfc8eed8e901b1a76

・・

悟りへの因縁・修習・階梯について
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/cd86e06b26f70bfa72e8933112ee6e98

以下は、続きとしての定型記事一覧となります。
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d60b9c69361758c6b7de52bd7f5c863b
ご興味がございましたら、各それぞれご覧下さいましたら幸いに存じます。
2017/04/07(金) 15:10 Unarrangement permalink COM(0)